ノロウィルスの潜伏期間

ノロウィルスの潜伏期間は、気になるところですが、大体、感染後、症状が出るまでは、24~48時間くらいと言われています。
また、ノロウィルスの場合、潜伏期間中に、色々な症状が1~3日続いた後、すぐに治る場合もあります。
また、嘔吐や下痢、腹痛などもノロウィルスの症状として、潜伏期間の後、よく現れます。
しかし、たとえノロウィルスの症状が軽くても、しばらくウイルスを排出していることがあるので、しばらくは警戒する必要があります。
ウィルスに汚染された飲食物を口にすることによっても、ノロウィルスによく感染します。
糞便や嘔吐物の乾燥した中に含まれているノロウィルスが、空気感染で経口感染することもよくあります。
つまり、潜伏期間としては比較的短く、ノロウィルスの場合、すぐに発症すると言っていいでしょう。
ごくわずかなウィルスが侵入しただけでも、ノロウィルスは感染しやすい傾向にあります。
基本的に、ノロウィルスにかかった人は、1週間くらい、糞便中に細菌が排泄され続けるといわれているので、油断は禁物です。
ただ、発症前の潜伏期間中については、ノロウィルスは感染することはないので、その点は安心していいでしょう