ノロウィルスの予防法

また、調理をする際、必要以上の会話をしないということも、ノロウィルスの予防という意味では必要なことです。
飲食物を扱う人は特に、ノロウィルスの予防には注意しなければならず、そのためには効果的な予防方法を身につけなければなません。

ノロウィルスの予防はとても大切で、調理器具などは、よく洗浄して、できれば塩素系漂白剤で消毒することです。
常日頃から十分な手洗いをして、マスクや手袋の着用を習慣づけることが、ノロウィルスの予防になります。
食品中のウイルスについては、中心温度85℃以上で1分間以上の加熱をすれば、ノロウィルスの感染性が弱まるとされています。
各種処理に対して抵抗性が強いという特徴をノロウィルスは持っているので、予防として、汚物にはできるだけ触れないことが大事です。
また、逆性石けんや消毒用エタノールは、ノロウィルスに対する抵抗性が強いので、有効な予防になります。
また、まな板、包丁、食器、ふきん、タオルは、85度以上の熱で、1分以上加熱することをノロウィルスの予防で忘れてはなりません。
具体的なノロウィルスの予防としては、調理をする人は、十分にしっかりと手洗いすることです。
ノロウィルスの患者の便や吐物には、大量のウィルスウイルスが含まれているので、予防のためには、タオルなどは共用しないことです。