ノロウィルスと食事の注意

基本的に、ノロウィルスの感染といういのは、口からの経口感染が多いので、口から摂取する食事というのは注意しなければなりません。
急激に発症するのがノロウィルスですが、治癒も早いので、少しくらい食事を抜いても、栄養不足になる心配はありません。
飲食物を扱う人がしっかりと手を洗い、菌を洗い流すことが、ノロウィルスの予防になります。
そして、調理器具を清潔に洗うこともノロウィルスの予防では大事で、とにかく衛生的に保つことが重要です。

ノロウィルスと食事の関係は密接で、食材に関してはしっかりと加熱して調理することが基本です。ノロウィルスを考えていく上で、食事といのうは大きな関係性があるので、そのことはよく考えなければなりません。

ノロウィルスにかかると、食事が喉を通らなくなりますが、その際は思い切って絶食するのが良いとされています。
もちろん、その際、水分は十分に補給することが、ノロウィルスの治療では望まれます。
但し、水分補給の際は、ノロウィルスの場合、冷たい飲み物やアルコールなどは避けなければなりません。
ノロウィルスにかかったら、最初は食事を抜き、その後、回復してきたら、薄いおかゆなどでゆっくりと食事を戻していくといいでしょう