ノロウィルスと洗濯物

洗濯機で洗う時は、ノロウィルスの予防として、他のものは一緒に洗わないようにすることです。
例えば、嘔吐物やふん便などの固形物はもちろん、汚れが残った後、乾燥したものなどは、できるだけ処理することです。
空気中に細菌が舞い、口からノロウィルスが感染する恐れがあるので、洗濯はとても大事です。
そして、衣類を乾燥させた後は、アイロンをかけるとノロウィルスの予防にさらに効果的です。

ノロウィルスの予防で、衣類などを洗濯した後は、室内干しは止め、天日干しにすることをおすすします。
ただその際、風呂場や台所はノロウィルスの二次感染の温床になるので、そこには流してはいけません。
まず、ノロウィルスの予防のために洗濯する時は、バケツなどに洗剤を入れて用意し、そこでもみ洗いします。
特にノロウィルスに感染した人の嘔吐物やふん便で汚れた衣類などは、必ず洗濯しなければなりません。
そして、洗濯で効果的なのは、下洗いしたものを85℃以上のお湯に浸けておくことで、これでノロウィルスの消毒効果が期待できます。
洗濯で注意しなければならないのは水しぶきを飛ばさないことで、水しぶきからノロウィルスに感染することもあります。