アラフォー世代とバツイチ

今や、結婚活動(略して「婚活」)をしなければ結婚できない時代だと言われています。
婚活は、結婚適齢期の初婚の男女だけのものではありません。
今まで結婚より仕事を優先してきたいわゆる「アラフォー」世代と呼ばれる40歳前後の女性も、婚活に力を入れています。
これくらいの年齢なると、お見合い話も合コンの誘いも縁遠くなってきているので、なかなか出会いの場が持てない女性が多いのではないでしょうか。
また、アラフォー世代と並んで婚活を真剣に取り組んでいるのが、「バツイチ」女性たちです。
最近では離婚率が高いですが、バツイチ女性のうちのほとんどが再婚したいと思っているようです。
女性だけでなく、男性でも仕事を生きがいとしてきて気づいたら40歳になっていて、結婚相手どころか恋人さえいないという人も少なくありません。
そんな男性女性の婚活を助けてくれるのが結婚相談所です。
最近の結婚相談所には、中高年コースや再婚コース、子持ちOKコースも用意されています。
結婚相談所には、「お見合い仲人型」「データマッチング型」「インターネット型(ブライダルネット)」などがあり、それぞれ独自のサービスを行っています。
お見合い仲人型やデータマッチング型の結婚相談所は、スタッフが希望の相手の紹介から会う段取りまでをしてくれます。
料金は多少高額ですが、その分相手も真剣に結婚を望んでいるという事なので相手が見つけやすいかもしれません。
近年、会員数が増えてきているのがブライダルネットです。
料金もリーズナブルで、結婚相談所に出向く手間もなく自分の好きな時間に利用できるのが人気の理由です。
ブライダルネットは、インターネットで、自分で相手を検索して交際を申し込むというシステムになっています。