アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違いがわからないという人は意外に多いといわれていますからここで紹介したいと思います。まずアパートというのは、木造でできていたり、軽量鉄骨で作られてる建物を全般的にアパートと呼んでいます。音に関しては明らかにマンションよりもかなり構造上劣ってしまうのですが、木造、軽量鉄骨であっても、上下の防音に関してはある程度考えたうえでコンクリートを敷いているというところもあるようです。結露についてはそれほど出にくい特徴があります。なんとなく響き的にアパートと聞くと、マンションよりも低いレベルで汚い、古いといったイメージを持っている人も多いと思いますが、アパートだからと言って必ずしも古くて汚いということはありません。最近のアパートはどんどん進化していますから防音にもいろいろと工夫がされていますし、デザイナーがデザインしているアパートも増えているといわれています。アパートはマンションに比べると世帯数はそれほど多くないのですが、場合によってはアパートでも3階建の物件もありますから一概にアパートは2階建までということはないようです。
そしてマンションというのは重量鉄骨で作られていたりコンクリートで作られている物件のことをマンションといいます。マンションは分譲と賃貸がありますが賃貸の場合にはコンクリートなどが薄く作ってあることが多いといわれています。マンションというのは特徴的にいえば結露が出やすいといわれているのですが、それは機密性が高いことが原因であるようです。換気扇や窓などを工夫してマンションで暮らす場合には結露対策をする必要があります。特に角にある部屋は外壁と部屋の壁の結露も出やすいですから、部屋の中に家具を置いておく場合には壁から少し開けておいておくのがいいでしょう。マンションは世帯数がかなり多いところもあり、アパートと比べるとかなり世帯数は多い物件が多いですね。これがマンションとアパートの具体的な違いになると思いますが、マンションとアパート以外にもハイツ、コーポと呼ばれる物件もよく耳にすることがありますね。ハイツやコーポはマンションやアパートと同じなのですが、ただ単に名称が変わっただけになりますからそれほど違いはないと考えてもらってもいいのではないでしょうか。マンション、アパート、ハイツ、コーポの中から、だいたいの賃貸物件を選ぶことになりますが一戸建ての賃貸もありますね。