にんにく卵黄のコレステロール

にんにく卵黄は、南九州に古くから伝わる伝承家庭料理であり、伝承健康食品でもあります。
そんなにんにく卵黄が今、アメリカで注目の的となり、徐々に人気を博していると言います。
つまり、にんにく卵黄の一番の効果効能は、この相乗効果の2乗によるコレステロールの低下作用と言っても決して過言ではないでしょう。
何故なら、にんにく卵黄の主成分となるにんにくには、アリシンという成分が含まれているからです。
まず、ビタミンB6は、糖尿病患者が最も恐れる合併症の一つである神経障害の予防に有効的だと言われています。
しかも、脂質アリシンは超強力な抗酸化作用を促しますから、体内の様々な部位のアンチエイジングにも一役買ってくれます。
でも、厳密に言うと、卵、それも特に卵黄部分に多く含まれているレシチンという成分は、私たち人間の細胞膜の一部になる栄養素で、コレステロールを下げる働きを持っています。
にんにく卵黄には、言うまでもなく、にんにくと卵黄のいい部分が沢山入っています。
ですから、最初からにんにく卵黄に含有されている栄養成分でもないんですね。
まあアレルギー体質の方は仕方がありませんが、そうでない方は、コレステロールだけに拘って、にんにく卵黄を拒絶されるのがいいかどうかと言ったところですね。
でもって、このレシチンは、脂質アリシンによって活性化され、さらなるパワーを発揮するのであります。
そうなると、血液中のブドウ糖を処理してくれるため、血糖値が下がる可能性が高いところからも、にんにく卵黄は人気を博しているんですね。
だから、レスチンと脂質アリシンが同時に体内に取り込めるにんにく卵黄は超グッドだという訳です。
中でもにんにく卵黄の一番の魅力は、脂質アリシンが非常に抱負な事でしょう。
嘘だと思ったら、是非一度、健康関連のブログやサイトで、にんにく卵黄についてとことん調べてみて下さい。