ごみ箱

パソコンでファイルを削除する時に、「ごみ箱に移動しますか?」という表示が出ることがあります。
ファイルを削除するということは、実際には「ごみ箱」という名のフォルダに移動することを意味しています。
ですから、間違って削除した場合でも「ごみ箱」を漁れば出てくるということなのです。
本当にきれいさっぱりと削除したいのであれば、「ごみ箱を空にする」こともできます。
通常はディスクが満杯になってしまうまでは、ごみ箱の掃除をする必要はないでしょう。
最近のパソコンではハードディスクの容量が大きくなっていますから、仕事などで大きなサイズのデータを使用しない限りは、満杯になることはありません。
ですから、ごみ箱の存在自体を忘れていてもかまわないということになります。
ただし、ごみ箱に入っているからといって安心してよいわけではありません。
ハードディスクというものは、機械ですからいつかは壊れるのです。
それも、壊れる予兆を知らせることなく、突然に止まってしまうのです。
ハードディスクが壊れてしまうと、その中にあったファイルのほとんどが読み出せなくなる場合もあります。
ですから、重要なファイルはCD-RやDVD-Rなどのパソコンのハードディスクと別のものに保存するようにしておかなければなりません。
ごみ箱の使い方としては、自分が誤った操作でファイルを削除した場合のみの修復法であると考えてください。
同じハードディスクの中でファイルを持つことはバックアップにはならないのです。