おくすり手帳と情報

おくすり手帳というものが世の中にあることは、きっと皆さんもご存知のこととは思うのですが。
わたしは情報に疎い、いわゆる情弱なので、おくすり手帳についてもあまり知りません。
その後、おくすり手帳は引き出しの奥に引っ込んだまま、しばらく取り出していない状態です。
おくすり手帳に書いてある情報を、医者や薬剤師は参考にして、薬を出すでしょう。
いや、診察のときじゃなくて、おくすり手帳をもらったのは薬を買ったときでしたか。
しかし、わたしはその病気のときからいくつも薬を飲んでいますが、おくすり手帳に情報を書いていません。
おそらく、薬の情報はおくすり手帳にきちんと書いていかなければならないと思うのですが。
しかし、おくすり手帳への記入の仕方をきちんと知っていれば、自分でできるわけで。
とはいっても、おくすり手帳に記入してもらうのは、せいぜい50円とかそのくらいです。
ということは、おくすり手帳は、これから診察してもらうとき、大事な情報源となります。
わたしも以前、病気になって病院で診察してもらったときに、おくすり手帳をもらいました。
そして、その薬で病気が治るわけですから、おくすり手帳に記載する情報は大事なものなのです。